将来を考えてバイナリーオプションを始める

初心者がバイナリーオプションで勝つコツは「堅実さ」がポイント

バイナリーオプション 国内の業者で取引を始める人の多くが思っているであろうことと言えば、「バイナリーオプションは勝ちやすくて稼げる」ということでしょう。確かに、株式投資やFXなどに比べると仕組みが単純であるがゆえに「勝ちやすい」という印象を抱きやすくなります。「今後、一定時間に為替が変動する方向を当てる」というだけですから、言ってみれば勝率50%の勝負という風に見えてきます。

 

しかし、実際には取引手法次第で勝率は10%以下にもなりますし、逆に90%以上に高めることも出来るのがバイナリーオプションの本質です。

 

トレンドを把握して傾向を探り、今後の相場変動を予測することが出来るようになれば勝率は徐々に高まっていきます。しかし、大きな利益を得たいと思って少しでも無理なポジションを取ってしまえば途端に勝率は下がってしまいます。バイナリーオプションで初心者が着実に利益を上げていくためには、様々な情報を読み解く力を養うということももちろん必要ですが、それを最大限生かせるような方法で取り組んでいくことが必要です。

 

例えば、絶対的な信頼度の予想を根拠にするとして「相場が上昇する」と判断した場合、その時点から見て上昇方向にポジションを取れば的中させることが出来る訳ですが、どのラインにポジションを取るかによっては外れてしまう可能性も出てきます。その時点からみて上昇方向に基準線が一つしかなければ良いのですが、通常は3~4本程度ある中から自分で選択する必要があります。遠い基準線にポジションを取れば的中時の利益を増えますが、当然そこまで上昇しないというリスクも出てきます。確かに「大きな利益を得る」ということは魅力的かもしれませんが、より確実性の高いラインで小さくとも「確実な利益」を得ていった方が最終的には大きなプラスに出来る確率も上がってきます。

 

特に初心者の場合はどうしても根拠が弱くなってしまうため、高望みせずに近いラインで「勝ち続ける事」を意識したほうが良いです。

 

 

バイナリーオプションの戦略について

 

バイナリーオプションは指定時間内に為替相場がどう動くのか予想する取引です。
例えば、ドル円であれば、1ドル=120円で取引されているとします。2時間後には円高と円安のどちらになるかを選択して、予想が当たれば購入金額の何倍かの利益を得ることができ、はずれれば購入金額がなくなります。
多くの証券会社は購入金額を安く設定しているため、計画的に取引をすれば、大きな損失になることがないため、投資の経験がない人でも、わかりやすいため人気があります。
バイナリーオプションは2者択一なので、当たる確率が50%なので当たりやすいと考えがちですが、はずれる確率も50%なので、直感だけで取引しても、利益を得ることは難しいといえます。
バイナリーオプションで利益を得るためには、いろいろな情報や法則を調べたうえで予想することが重要です。
為替相場を予想する方法にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析があります。
ファンダメンタルズ分析は受給や経済指標などの分析です。各国の経済指標の発表は日時が決められています。証券会社では主要国の経済指標の日程、結果が見られるようになっています。これらの経済指標の結果やニュースを調べ、今後の経済指標を予想することで為替相場を予想します。
テクニカル分析は価格や出来高による分析で、為替相場のチャートから上昇トレンドもしくは下降トレンドかを読み取ったり、上値を抑えるレジストラインや下値を支えるサポートラインを計算することで、為替相場を予想します。テクニカル分析は主要なものでも十種類以上あるので、すべての分析が同じ結果になることはありませんが、複数の分析で五分五分の確率であれば、取引を見送り、確率が高くなったら取引をするようなスタンスをとると良いでしょう。テクニカル分析の算出方法はインターネットで簡単に調べることができますが、取引システムにテクニカル分析ができるようになっている証券会社もあります。

 

 

バイナリーオプションに潜むリスク

 

バイナリーオプションは自宅で手軽に参加できる投資として人気を高めていますが、2014年以降トラブルが激増したことを受けて金融庁はバイナリーオプションに関して警告を発するようになっています。
国の省庁が警告を出すということは通常の市場においては極めて異常なことですからバイナリーオプションにはリスクがあるとして考えなくてはなりませんが、最も注意したいリスクとなるのはやはり「取引に際して発生するトラブル」でしょう。
これは特に海外に本社を設置している海外業者との間に見られることが多く、バイナリーオプションを通じて利益を出したにもかかわらずその利益を出勤することができないというようなことがかなり見られます。
いくら勝っても手元に一円も入ってこなかったのでは何の意味もありませんから、この出金が出来ないというリスクに関しては慎重に考えなくてはなりません。
こうしたことはインターネット上の口コミなどでも広く情報を確認できるようになっていますから、バイナリーオプションを利用する際にはこれから利用する業者の名前で検索をかけてトラブル事例の報告がないかどうか、金融庁から警告文が発出されていないかどうかをチェックしなくてはなりません。
また「損失が出ることもある」ということも重要なリスクとして考えなくてはなりません。
これはどのような資産運用においても同様なのですが、バイナリーオプションは利息収入を期待できないものであるうえに利益が出るまで決済を見送るということも出来ませんから、損失が出るリスクはかなり大きいとして言えます。
「絶対に儲かる」などのことは絶対にあり得ないことですから、もし絶対に儲かるとして投資を勧められるようなことがあっても必ず悪質業者であることを疑わなくてはならないでしょう。
バイナリーオプションは手軽に参加できるものですが、しかしながら手軽だからと言ってリスクが小さいわけでもありません。
利用の際にはこうしたリスクを常に把握して行動するようにしましょう。

投資の業界には色々と専門的な言葉があるのですが、その1つがポジポジ病です。
FXで売買をする際には、もちろん建玉を保有することになるでしょう。そして人によっては、建玉が無いと落ち着かない方もいらっしゃるのですね。常時建玉が無いと、何かが落ち着かない気持ちになってしまう病気があるのです。それがポジポジ病という事になります。
この金融商品で売買をするとなると、それはとても厄介な病気です。なぜならこの金融商品では、余計なタイミングで売買を行うべきではないのですね。あくまでも利益が発生する確信がある時のみ、売買を行う方が良いケースが多いです。
私も以前に、必要以上に多くの売買をしてしまった事があります。1日に数十回以上も売買を怠ってしまい、それで思わぬ損失が発生してしまった事が、数限りないです。
ある時から私は、もっと慎重に売買を行うようになりました。無難なタイミングのみで売買を行うようになったら、大きな損失が発生する確率は減ったのですね。
このような事もありますので、やはりポジポジ病という病気は治療させる必要があります。ちなみにこの間、私の友達はその病気を治したいと言っていました。私たちが病気になってしまった時には、もちろん病院などに行って薬を受け取りますね。友達としても、ポジポジ病容に効果がある薬があれば、ぜひ服用したいと思っているようなのです。専業トレーダーの友人としては、やはりポジポジ病は非常に深刻な病気なのでしょう。
ただ正直その病気は、メンタルで改善させるしかないと思います。病院に行ってその病気が改善することはまず無いので、結局は自分のメンタル次第ではないでしょうか。
よく言われる事ですが、このFXという商品はメンタルの強さが求められる一面があります。私が初めて損切りを経験した時も、正直かなり緊張しました。メンタルの強さが非常に大切な商品だと、つくづく実感した記憶があります。しかし勇気を出して損切りをした結果、大きな損失が発生しなくなったのです。
その一歩の勇気が大切なのですね。結局はメンタルを強くして、勇気を出してポジポジ病という病気を治療させるしかない考えます。

続きを読む≫ 2015/11/04 03:18:04

FXでは、損切りは必ずと言っているほど必要です。特にデイトレで売買を行っているのであれば、やはりそれを行う必要があるでしょう。
実際私も初心者の頃は、損切りをする事ができませんでした。初心者の頃はなかなか利益を出せずに困っていたものですが、損切りを淡々と行うようになってからは、利益率がアップした覚えがあります。ですのでこの金融商品では、損切りを行うのはほぼ必須なのですね。
ところで、たまに損切りがちょっと遅くなってしまっている方もいらっしゃいます。できるだけ早めに損切りを行う方が、むしろ好ましい事もあるのですね。
例えばある時に、外貨が上昇するのではないかと予想したとしましょう。もちろんその際には、その金融商品で買い玉を保有する事になるでしょう。
ところでその外貨の動きというのは、必ず都合よく動くものではありません。時には上昇せずに、下落をしてしまう事もあるのですね。
それで以前にある方が、その下落をしてきたタイミングで様子を見てしまった事が有るのです。建玉保有時の値段から少し低いところで様子を見ていたので、いわゆる含み損が発生している状況なのですね。そこで直ちに損切りを行わなかったのです。
では結局その方はどうなってしまったかと申しますと、大きな損失が発生してしまいました。損切りを行わずにしばらく様子を見ていたら、突然外貨のレートが急落してしまったのですね。それで慌てて両建てのための買い玉を保有し、しばらく様子見にならざるを得なくなりました。いったん両建て状態になってしまいますと、売買しづらくなってしまう事は多いのですね。上記の方は両建てにより、身動きが取れなくなってしまいました。
上記の方の場合は、やはり損切りが遅れているのが敗因だったといえるでしょう。少しでも含み損が発生している訳ですから、そのタイミングで速やかに損切りを行うべきだったと考えます。
「利益を確定」するのは様子を見るべきだと思いますが、「損切り」はなるべく早めに敢行するのが、FXでは極めて大切だと考えます。

続きを読む≫ 2015/11/04 03:18:04

FXで売買をするとなると、1度や2度は保ち合いの相場に直面する事になります。そして、何とかしてそれを攻略したいと思っている方もいらっしゃるでしょう。
保ち合いの相場に強くなる事が、利益額にも大きく関わってきます。人によっては、保ち合いは苦手で勢いがある相場に強い方もいらっしゃるのですね。
ところがそのような方の場合は、売買ができるチャンスが偏ってしまいがちです。保ち合いの相場は苦手になっている訳ですから、もちろんその局面では売買を控える事になってしまうでしょう。それだけ売買チャンスが少なくなってしまうのですから、利益率が低くなってしまう事も考えられるのですね。
では保ち合いの相場ではどのように注文を行えば良いかと申しますと、まず注目するべきはキリが良い数字です。例えば100円ちょうどなどの数字は、明らかにキリが良いでしょう。また100.5など、0.5円刻みの数字などにも着目しておく必要があります。
というのも保ち合いの相場は、そのようなキリの良い数字がサポートやレジスタンスになっている事が多いのです。そのラインを気にしないと、なかなか保ち合いの局面で利益を生み出すのは難しいでしょう。
注目すべきは、その0.5などの数字に近づいた時ですね。もちろんそれを抵抗線として考える訳ですが、必ずしもその線が機能するとは限りません。時には思惑とは違う方向に行く可能性もあるので、それがFXの難しい点の1つですね。
ところが、RSIなどのツールを使うと話は別です。そのような0.5などのポイントに近づくと、たまにRSIが逆行する事があります。その逆行が発生した時が、チャンスなのです。0.5のタイミングに近づいている下落状況で、いかにもその数字を割り込みそうに見えていても、RSIが上昇になっている事もあります。そのような時には、買い玉を立てると良い事が多いのですね。
ですので保ち合い相場では、RSIなどのツールと0.5などの数字という2つに着目するのが好ましいわけです。

続きを読む≫ 2015/11/04 03:17:04