損切りが遅れるとFXで身動きが取れなくなってしまう事も

損切りが遅れるとFXで身動きが取れなくなってしまう事も

FXでは、損切りは必ずと言っているほど必要です。特にデイトレで売買を行っているのであれば、やはりそれを行う必要があるでしょう。
実際私も初心者の頃は、損切りをする事ができませんでした。初心者の頃はなかなか利益を出せずに困っていたものですが、損切りを淡々と行うようになってからは、利益率がアップした覚えがあります。ですのでこの金融商品では、損切りを行うのはほぼ必須なのですね。
ところで、たまに損切りがちょっと遅くなってしまっている方もいらっしゃいます。できるだけ早めに損切りを行う方が、むしろ好ましい事もあるのですね。
例えばある時に、外貨が上昇するのではないかと予想したとしましょう。もちろんその際には、その金融商品で買い玉を保有する事になるでしょう。
ところでその外貨の動きというのは、必ず都合よく動くものではありません。時には上昇せずに、下落をしてしまう事もあるのですね。
それで以前にある方が、その下落をしてきたタイミングで様子を見てしまった事が有るのです。建玉保有時の値段から少し低いところで様子を見ていたので、いわゆる含み損が発生している状況なのですね。そこで直ちに損切りを行わなかったのです。
では結局その方はどうなってしまったかと申しますと、大きな損失が発生してしまいました。損切りを行わずにしばらく様子を見ていたら、突然外貨のレートが急落してしまったのですね。それで慌てて両建てのための買い玉を保有し、しばらく様子見にならざるを得なくなりました。いったん両建て状態になってしまいますと、売買しづらくなってしまう事は多いのですね。上記の方は両建てにより、身動きが取れなくなってしまいました。
上記の方の場合は、やはり損切りが遅れているのが敗因だったといえるでしょう。少しでも含み損が発生している訳ですから、そのタイミングで速やかに損切りを行うべきだったと考えます。
「利益を確定」するのは様子を見るべきだと思いますが、「損切り」はなるべく早めに敢行するのが、FXでは極めて大切だと考えます。