FXのポジポジ病を治療させる薬とそのためのメンタルの強さ

FXのポジポジ病を治療させる薬とそのためのメンタルの強さ

投資の業界には色々と専門的な言葉があるのですが、その1つがポジポジ病です。
FXで売買をする際には、もちろん建玉を保有することになるでしょう。そして人によっては、建玉が無いと落ち着かない方もいらっしゃるのですね。常時建玉が無いと、何かが落ち着かない気持ちになってしまう病気があるのです。それがポジポジ病という事になります。
この金融商品で売買をするとなると、それはとても厄介な病気です。なぜならこの金融商品では、余計なタイミングで売買を行うべきではないのですね。あくまでも利益が発生する確信がある時のみ、売買を行う方が良いケースが多いです。
私も以前に、必要以上に多くの売買をしてしまった事があります。1日に数十回以上も売買を怠ってしまい、それで思わぬ損失が発生してしまった事が、数限りないです。
ある時から私は、もっと慎重に売買を行うようになりました。無難なタイミングのみで売買を行うようになったら、大きな損失が発生する確率は減ったのですね。
このような事もありますので、やはりポジポジ病という病気は治療させる必要があります。ちなみにこの間、私の友達はその病気を治したいと言っていました。私たちが病気になってしまった時には、もちろん病院などに行って薬を受け取りますね。友達としても、ポジポジ病容に効果がある薬があれば、ぜひ服用したいと思っているようなのです。専業トレーダーの友人としては、やはりポジポジ病は非常に深刻な病気なのでしょう。
ただ正直その病気は、メンタルで改善させるしかないと思います。病院に行ってその病気が改善することはまず無いので、結局は自分のメンタル次第ではないでしょうか。
よく言われる事ですが、このFXという商品はメンタルの強さが求められる一面があります。私が初めて損切りを経験した時も、正直かなり緊張しました。メンタルの強さが非常に大切な商品だと、つくづく実感した記憶があります。しかし勇気を出して損切りをした結果、大きな損失が発生しなくなったのです。
その一歩の勇気が大切なのですね。結局はメンタルを強くして、勇気を出してポジポジ病という病気を治療させるしかない考えます。